もしもに備える

ハンマー

交通事故は誰にでも起こる

交通事故は、誰にでも起こりうる出来事である。ぶつけても、ぶつけられても良い事につながることのないものである。まず、自分が事故を起こせば自分が被害にあい、自分の車も破損させて修理や自動車の購入に至り、保険に加入していても免責などの費用がかかる。また、自分が怪我をすれば、仕事や家事が出来なくなり、会社や家族に迷惑がかかる事につながるのである。相手がいれば相手の車を破損させ相手に怪我をさせる事も考えられる。しかし、避けたいと思っていても避けられないのが交通事故だと考えれば、むしろ交通事故に備えて対策を講じた方が現実的だといえるだろう。では、交通事故に備えてどんな備えが出来るかを考えてみる事にしよう。

もしもに備え弁護士を付ける

前述でも述べたように、交通事故にあった時には様々問題とストレスが生じる事が理解出来ただろう。しかし、最近の事故の傾向からますます注目をあびているのが、自動車保険に弁護士を付けるケースだ。この弁護士オプションを付けると、どんな特典があるのかを見てみよう。まず、事故の相手との交渉において、理不尽な要求をされた場合に弁護士が守ってくれる。また、ひどい場合には法的な手段にうったえる事が出来る。そして、事故の相手との交渉においても、こちらの主張を擁護してくれるという特典がある。更にこんなふうに考える事が出来るだろう。事故が起きてから自力で弁護士を雇うととんでもない金額になるという事実である。そう考えると、もし今保険の見直しをしているなら、事故の時に大いに有利にはたらくこのオプションを活用してみては、どうだろうか。