料金について調べよう

計算機

弁護士や司法書士が債務整理サービスを提供していますが、どこの事務所を利用するかによってかかる費用が大きく変わってくることになります。ごく大雑把なことを言ってしまえば、司法書士に債務整理を頼む場合よりも、弁護士に債務整理を頼む場合の方が、高額の費用がかかります。司法書士の債務整理サービスの平均的な価格は、金融業者1軒につき5万円前後となっています。その料金に、相談料や具体的な手続き料金が全て含まれているケースが多いです。一方、弁護士を利用した場合の費用は、事務所によってマチマチになっています。過払い金返還請求を行うような場合ですと、いくら取り戻すことができるかによって、料金額が変わってくるようになっているのが普通です。しかし、最低でも30万円程度の費用がかかると考えておくのが無難です。

司法書士の債務整理サービスはパック料金のような形になっているケースが多いので、かかる費用の目星をつけやすいというメリットがあります。一方、弁護士の場合は、パック料金システムを採用しているケースは少なく、多くの場合、相談者との話し合いで着手金や報酬金の額が決められるようになっています。専門家に債務整理の相談をする人は、そもそもお金に困っている人ばかりですから、あまりお金を持っていません。弁護士の方でもそれを十分理解していますので、債務整理の事前相談については相談料を取らないシステムにしている事務所がたくさんあります。通常であれば30分につき5000円程度の相談料がかかりますので、相談料が無料になっていると助かります。