今後の動向

測量

相続税を軽減する贈与税の非課税制度

相続税を減らすためには生前贈与することが肝要です。相続税法には贈与税の非課税制度がいくつもあります。中でも多くの方に利用されているのが、住宅取得等資金の非課税制度です。 これは、子供等に住宅購入のための資金を贈与した場合に受けられるという制度です。相続税法に規定されている多くの制度には期限があります。この制度もそうで、平成26年で終了してしまっています。しかし、これはいつものことです。と言うのも、この制度は何度も期限を迎えては、また再開するというのを繰り返しているのです。平成26年の前では、平成23年に一旦終了しています。 今回も平成27年に再開される予定となっています。利用を検討している方は、国会の動向に注意しましょう。

内容については注意が必要です

再開されるとは言っても内容が全く同じというわけではありません。例えば、平成22年に再開された時は、前年度より非課税額がアップしました。平成24年に再開した時は、優良住宅かそうでないかで非課税額が変わることになりました。大枠はそこまで変わっていないのですが、再開後の内容は少し変わってくるのです。 今回の再会も数年すれば再び期限を迎えることになるでしょう。ただ、人気が高いこの制度はこうして再開、終了を繰り返すことになることが予測されます。すぐに家を建てないといけないと思う必要はありません。ただし、内容についてはきちんと確認しておかないといけません。要件が少し異なっていたりするかもしれないので注意しましょう。 非課税額が大きく、相続税を節税するにはとても優秀な制度です。ぜひ利用を検討してみて下さい。